A pray to the everlasting†
Go with God...
プロフィール

Amu

Author:Amu
(゚Д゚)<久々にロゴを変えました!!
(゚Д゚)<デザインセンス0!
(゚Д゚)<むずかしいです!



Clocks



ブログ検索



カレンダー

09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最近の記事



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Take on me.
意外に知ってる人が少ないので、ペタリ(゚Д゚)ノ


a-haです。ボクが生まれた年、1982年に結成。
曲自体もさることながら、PVがスゴイかっこいい(゚Д゚)
てか、斬新過ぎる。今見てもカッコイイて、もう25年近くたちますのに。

この本から手が出てくるところとか、すごいナチュラルに動き回る人とか、84年ごろにやるとしたらどうするんだろうと思ったら、ロトスコープを使ってたみたいですね。

ロトスコープとは、撮ってきた動画像から、一枚一枚トレースして手書きでアニメに起こす手法です。ご想像の通り、すごい地道で時間のかかる作業ですね。
スターウォーズのライトセイバーもこの手法で書いたそうです。

こういうのを見て思うのは、いくらアナログで原始的な手法でも「出来る」ならばそれで通しちゃっても作品としては成り立つんだなぁ、ってことですね。

関心関心(゚Д゚)


#曲については触れなかったですが、a-haはノルウェーのバンド、表題の
#"Take on me"は代表作なんですが、最初に出したときは売れなかったそうなw
#これは2作目の"Take on me"、アメリカとイギリス両方で大ヒットだそうです。
#Vo.のモートンのファルセットの高さには驚きです。



スポンサーサイト

It's time to dinner(*゚д゚)ポッ
(゚Д゚)<ごはんですよ、ってうまいよね。


週末はオープンキャンパスでした。
ドクター行くんですか?とか、来年も楽しみにしてます。とかイウナ!
でも、皆さん説明うまくてgoodでしたよ。



Fucking Cherry
今日は、朝早く行く必要がなかったので、さくら水産で昼ごはんを食べました。

鯖の竜田揚げ定食を頼んだのです。魚好きだから。
んで、辛党なワシは唐辛子をかけようと一味唐辛子に手を伸ばしたのです。
そして、喜び勇んで魚にかけたら









中 蓋 が な か っ た




(゚Д゚)テンチョウ!!




何この赤い塊。



フルで入ってたビンに半分しか入ってないんですけど。唐辛子。









まぁ、全部食ったけど(゚Д゚)ナメンナ



みんなも気をつけてね、中蓋には

Box-Muller
いや、ソフトウェアじゃないだろう!というエントリ。

カテゴリ作るのめんどくさかったのです。

今日は、乱数についてのお話。

ほとんどここからの引用

乱数と一言でいっても、イロイロあります。
代表的な乱数としては、一様乱数と正規乱数があるですね。
一様乱数はその名のとおり、指定した区間において生起確率が一様な乱数です。
サイコロの目がいい例。
大体のソフトウェアでは、Random関数が用意されているのですが、大体
一様乱数です。

んで、もう一つが正規乱数。
白色ガウス雑音(AWGN)と呼ばれる雑音は、この正規性と白色性を備えたものです。
白色ガウス雑音は、自然界におけるノイズのいい近似になると言われています。
理由はたぶん知ってるでしょう(゚д゚)

そう、中心極限定理です。
母集団がある分布を有してる場合、その母集団の分布が良くわからないやつでも、抽出するサンプル数が十分大きいと正規分布しちゃうってやつです。
証明が大変らしいので、なかなか理解できませんがorz

エルゴード性とかありましたね、大数の法則とか習ったなぁ。

何気に、一番関係あるのはybkちゃんか!
Black-Scholls方程式とかも関係するんじゃない?
あと、ランダムウォークなんてまさに白色ガウス雑音の典型だし。

まだまだ勉強中だけど、もう一回くらいかっこよく説明したいと思います。

Mathematica
あぁ、白んできました、外が orz

体調崩して、体のリズムがおかしく寝られませんでした。
そろそろ寝ようかな。

さておき、Mathematicaでの関数の宣言を忘れないように書いておきます。

Cで書くなら、

int pow32(int y){
unsigned short i;
int x;
for(i=0; i < 32; i++){
x *=y;
}
return x;
}

こんな感じのものを、

Pow32[y_]:=(Module[{i, x=1},
For[i=0,i<32,i++, x *=y];
];
Return[x];
);

こんな感じで書きます、局所変数の定義の為にModuleを使います。
それにしても、Mathematicaのはくエラーコードはわかりにくいなぁ。

1026:コードが意味不明だったので修正


Changed.
ちと、暗い背景のスキンは良くない気がしたのでシンプルで明るくしてみました。

自分のスキンをつくるかもしれませんが、とりあえずはこれで行きます。

風邪引いちゃってだるいです。みんなも気をつけてね。

っていうか、ネタさがさなな、更新途絶えまくりwww

SW
ソフ開のお勉強を始めました、18時ごろからです。
テストは、明日です。



orz


ただ今、過去問を解くことなく、3/10終了です。
間に合うのかな、間に合うのかな。
落ちたらかっこ悪いけど、落ちそうな気がします。(謙虚さを装う)

まぁ、申し込みできなかったステキな彼のためにも合格しておくかな('д')
受かったら、参考書あげるょ

Boys be greedy.
http://d.hatena.ne.jp/umedamochio/20060930/p1

いや、やっぱ違うわ、とか思いながら読んでました。
10年連続10万行って、すごいなぁ。
10年もあれば、ライブラリの充実であったり、プログラムの再利用であったり様々な圧縮が可能になってくるわけで、その意味では成長し続けているのかもしれません。

こんな人の話を見てると、如何に自分が凡俗であるかを思い知らされます。
と同時に、そんなことができる環境にあるって言うのもうらやましいです。
もっともっと、貪欲に生きて行きたいと思いました。

だが、そのためにはもっと努力せなな~。
嗚呼、考えてることがまとまらないや。

Celebrator
2日は内定式でした.

相変わらず人数多くてびっくり。関西組も来てたのでなおのことです。
例によって二次会が100人くらいいそうだったので、少人数で逃げてきました。
んで、喫茶店にゴー(゚д゚)慶應メンと話してきました。
次会うのは研修のときだ、とかいってきました。

みんなカネカネ言ってるけど,実際のところどうなんだろう。
金が欲しければ、コンサルとかになれば言い訳で。
忙しいのは,どのSIも同じだしね。まぁ、うちらは別格かもしれませんが。
それも複数社入らないとわからないよね。
入っても、そして詳しく調べてもいないのに比較論を繰り広げるのは、乱暴すぎる。
IBMがなんか世の中的には人気みたいなので、負けないようにがんばります。
「うちの会社は定年まで働くところだから」といわれたんだけど、どうなんだろう。

就職したら、周りのSIer組と飲み会とかしたいな。
アクセン、HP、NRI、新日鉄とか。SI多すぎだよwwww






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。