A pray to the everlasting†
Go with God...
プロフィール

Amu

Author:Amu
(゚Д゚)<久々にロゴを変えました!!
(゚Д゚)<デザインセンス0!
(゚Д゚)<むずかしいです!



Clocks



ブログ検索



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近の記事



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSフィード



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Spring storm?
風強いねぇ、おそろしししし(゚д゚)

sync patternから位相情報を抽出するときに、複数回探索しています。そのときに、わざと余分にずらしてるけど、あれは過渡応答から逃げたいのですな。

と言うことは、二番目以降のパルスで計算すると過渡応答の影響を
減らすことが出来る、と。
どうやって二番目のパルスの位置をめぼし付けるかなぁ。
単純には、一つ目のパルスの頭を探索して2[msec]分だけずらすとかだけど、スマートじゃない。
さらに、複数回探索を行うことで、epochと窓の中心間距離が0に収束することも明言せねば。
理想的にはするんだろうけど、ノイズがどの程度載るかによってかわってくるはず。

結構先生も丸投げしてたみたいなので、自分で考えます。
送信機は完成したので、もう一つの実験もせねば。


という、備忘録
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://ayutama.blog22.fc2.com/tb.php/107-14075469



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。